×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

蹴り技イメージ

空中の蹴り技

このコーナーでは空中における蹴り技のテクニックを紹介します。

飛び蹴りは着地するまでの時間が長く、はずせば大きな隙を作ることにもなるリスクの大きい技術です。

ただし、勢いを付けて蹴りこんだり、相手の攻撃を捌いてカウンター的に蹴りこむ技術もあるので、ヒットすると相手に多大なダメージをもたらします。

バランス感覚、空中での体感覚も要求されますので、よく学びとってください。

テコンドーの代表的な蹴り技、ジャンピングサイドキック

空中に飛びながら膝を抱え込み、足刀を放ちます。

モーションが大きいため、接近戦では使えませんが、間合いが遠い場合に接近するきっかけを作るためにも使用できます。

ヒットすれば、確実に相手を飛ばすことのできる多技です。

ジャンピングサイドキック

空中戦に威力を発揮する、ジャンピングスピンキック

パフォーマンス性の強い蹴り技で、実戦で見られることはほとんどありません。
相手が空中の技を出す際にカウンター的に用いたり、相手を牽制するために使うなどの用途があります。

相手の上段を狙うために使ったり、キックを出さずにフェイントをかけるなどにも使えます。

ジャンピングスピンキック

間合いを詰めつつ相手の上段を狙う、二段蹴り

テコンドーの技術です。リードする蹴り足をフェイントに、そして次に繰り出す回し蹴りを攻撃に使います。
リードする足でミドルを狙い、次の足で上段を狙うなどにも使えます。

素早く、力強くがポイントです。

540°回転蹴り

アクロバティックな蹴り技です。
半身になって横にスライドさせるように蹴ります。

旋風脚のプラス1ひねりを加えるため、難易度も高く、この技を実戦で見ることはほぼありません。

蹴り足でジャンプし、蹴り足で着地することがポイントです。

540°回転蹴り

空中後ろ蹴り

いわゆるローリングソバットに近い蹴り技です。
接近して顔面にこの蹴り技を放てば、かなりのインパクトになります。

切れ味と威力が命ですのでよく練習してください。

空中後ろ蹴り

空中前蹴り

接近する相手の意表をついてジャンプし、そのまま胸を蹴り込みます。
相手と離れる際に、追い討ちをかけてきた相手の動きを止めることにも使えます。

ジャンプはあまり大きくせず、細かく素早く、そして強力な蹴り込みを心掛けてください。

空中前蹴り

空中ひざ蹴り

ムエタイの技術です。
間合いを詰めるために空中で移動して繰り出す、ラッシュの後に後ずさりする相手に追い討ちを掛けるなどの使い方ができます。

ヒットすると一撃KO可能な強力な蹴り技です。

カポエイラのアクロバティックな技術、パラフーゾ

カンフーでは旋風脚として有名な技術です。

ジャンプして回転をリードする前足と、あとに続く後ろ足の両方が蹴り足となります。

回転をリードする前足のみで蹴る蹴り方、前足と後ろ足両方、リードする足をフェイントとして後ろ足で蹴りこむ方法など、バリエーションがあります。

モーションが非常に大きく、威力もある反面、隙の多い技術です。

ジャンプや蹴りこみをよく練習してください。

ページのトップへ ▲

サイトMENU

Copyright (C) 2007 キックの鬼!マーシャルアーツキックテクニック(蹴り技)の全て All Rights Reserved.