×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

蹴り技イメージ

奇襲系の蹴り技

このコーナーでは、あまり知られていない奇襲攻撃を取り上げます。

多くの武術の中にも奥義、奥伝には必ず隠された奇襲攻撃が継承されています。

知られていない技術は、予測不可なため、時として絶大な威力を発揮します。
ここでは比較的メジャーな技術から、ほとんど知られていない技術までをご紹介します。

骨法の隠し技、しっきゃく

脛を蹴りこみ、そのまま体重をかけて相手を固定する技。
この技術はほとんどの格闘技に存在せず、ストリートファイトを想定した実戦性があります。

奇襲攻撃に使えるようです。

骨法の隠し技、しっきゃく

後ろ蹴り

振り向きざまに相手を見ず、踵を中段に打ち込む技術です。
相手に目線を読まれないため、死角からの攻撃となります。

動画のように前進しながら放つ技術と、相手からわざと後退し、逃げるそぶりをしつつ、奇襲攻撃で後ろ蹴りを放つ技術があります。

蹴る方向と、同一方向に体重が乗るよう、練習してください。

伝統空手、テコンドーなどで使われる、前蹴り

膝を狙うかかと蹴り

相手の膝を破壊してしまうような危険な技術です。
このような蹴りを打たれることをふつうは想定しませんので、実践的な技術です。

ほとんどの格闘技は、試合の中では禁止する技です。

奇襲系の技は、しっかりと身につけてとっさのときに使えるよう、修練が必要です。

膝を狙うかかと蹴り

海軍仕込みの内また

相手に接近されたときに放つ投げ技の一種です。
相手の裏側に足をかけて倒します。

相手と接触した瞬間に放てるようにすると、構えられることなく決めることができます。

接近戦で威力を発揮!海軍仕込みの内また

サバットの太もも蹴り

いわゆる急所攻撃の一種です。
ふとももは、蹴りこまれると激痛が走るため、相手の戦意を喪失させるのに有効です。

とくにこの蹴り技は、技術を知った者が意図して出さない限り普通見ることはできません。

前押し蹴りをそのまま横に倒して、相手の死角から放つのがポイントです。

相手に激痛をもたらす!サバットの太もも蹴り

後ろ足払い

接近戦で用います。
重心の乗った後ろ足を勢いよく刈り取る払い技です。

接近戦の移動時に、後ろへ後退した瞬間など、相手の重心移動をつかみ、刈り取るのがポイントです。

サンボの蹴り、腕をつかむ脇腹蹴り

間合いを取りながら、腕をつかんで一瞬の隙をついた効果的な技術です。
相手の脇をあけるように、隙を誘うのがポイントです。

横蹴りのモーションが大きくならないように修練してください。

散打の技術、蹴り足をつかんで相手を倒す足払い

相手の蹴りをつかんだ時に有効な足払いです。
モーションの大きい蹴りが来た場合に、足をつかみ、倒します。

間合いとタイミングの取り方、相手の足を掴んだ瞬間に刈り取る技術が必要です。

カポエイラの足払い、ハステーラ

しゃがみ込むように相手の攻撃を避けながら足払いをかける技術です。
足払いを放った後に即座に元のポジションに戻るべく体を回転させるのがポイントです。

ホーレーと呼ばれるカポエイラの移動技術を身につける必要があります。

フェイントから蹴りを放つ

かなり変則的な蹴り技です。
一度足を返して、足の甲で蹴ります。

瞬時にできるように修練が必要です。

相手の死角から入りこむ、裏回し蹴り

相手の視界から蹴り足が消え、死角から顔面を蹴りこむ技術です。
奇襲攻撃の例のもれず、耐性がない相手にはまず確実に決まります。

インパクトを最大限高められるように、技のキレと、隙を誘い出す移動技術が必要です。

ページのトップへ ▲

サイトMENU

Copyright (C) 2007 キックの鬼!マーシャルアーツキックテクニック(蹴り技)の全て All Rights Reserved.